ファクタリング会社絞り込み検索

ファクタリング手数料を下げるための交渉術

ファクタリング手数料を下げるための交渉術 ファクタリング基礎知識
ファクタリング手数料を下げるための交渉術

\ メリット盛り沢山 /

FW会員登録する(無料)

日本人はとかく、交渉べたといいますが、会社を守っていく経営者の姿は、凛としていなければなりません。交渉術は、苦手といった方も少なくありませんが、手数料交渉と比較の重要性を知ることによって、毅然とした態度で臨むことができます。その為に、手数料の扱いと、ファクタリング会社による違いを見に行っていく必要があるようです。

マナミ
マナミ

確かに、ファクタリングの手数料は高いと言われているけど、ファクタリング会社によってかなり幅があるから、案外漠然としたイメージもあるよね。

ユースケ
ユースケ

手数料はファクタリング会社にとって重要な収入源だから、安いから良いファクタリング会社・高いから悪いファクタリング会社とは、一概には言えないね。

マナミ
マナミ

そうだよね。サービスが充実していれば多少高くとも納得するよね。

ユースケ
ユースケ

手数料をしっかりと把握しておき、おかしいと判断すれば手数料を下げさせる交渉も必要だ。

マナミ
マナミ

そう簡単に手数料って下がるものなの ?

ユースケ
ユースケ

そこで手数料がどのようにして決められているのかをまずは確認しておこう。

手数料はこのように変化している

ファクタリングは、ファクタリング利用者の会社が持つ売掛金を債権として処理し、売掛債権の譲渡/売却により資金を得る方法です。この時重要な要素となるのがファクタリング利用者側よりも売掛債権の信頼度や信用性といったファクターです。

つまり、売掛先の企業が安定した業績を持ちファクタリング利用者側の会社との取引が長期にわたるものであれば、それだけ信頼度が高くなりファクタリング会社のリスクも低くなります。

手数料もその分、引き下げられる傾向にあり、リピート客であればさらに手数料が引き下げられる可能性もあります。

従って、売掛債権の入金の確実性が高く、回収の見込みが高い場合及びファクタリング利用者の信頼度が高ければ、それだけ手数料を抑えられる可能性があるということになります。

ただし、ファクタリング会社も商売であり、利益を追求する必要がありますので、基本的には小口の買い取りは手数料が高めで、大口の買取はやや抑えた手数料が原則となっています。

マナミ
マナミ

やっぱりリスクの問題が大きいよね。

ユースケ
ユースケ

ファクタリング会社によって重視するファクターは多少を異なってくるけど、売掛金額と回収の見込みといったファクターは、かなり重要視するものだね。そこで根本的な問題として、ファクタリング会社との交渉で、手数料を下げさせることができるのかという問題について見てみよう。

手数料の交渉は可能なのか

ほとんどのファクタリング会社では、電話やFAXおよびメールなどで依頼すれば、案件ごとの見積もりをもらうことができます。

しかし、あくまでも見積もりですので、実際の契約となると様々な状況が加味され、内容が多少異なってくるのが常識です。ファクタリング会社によっては、大幅に手数料のアップを提示される場合もありますので、契約内容には最大の注意を払っておく必要があります。

では、実際に事前の交渉で、手数料を引き下げることが可能であるのか、利用者にとっては最大の難関とも言えるでしょう。

特に、初めてのご利用の場合は、ファクタリング会社も慎重になる事が多く、ファクタリング利用者側にとってもなかなか言い出しづらいものです。そこで、交渉のポイントとして、売掛先会社の信頼性とファクタリング利用者の信用性をアピールする必要があります。

ただやみくもに、手数料が高いから下げてくれでは、担当者も困惑してしまい、まっとうな交渉術とはとても言えません。

マナミ
マナミ

とどのつまり、手数料の交渉ってネギるってことだよね。

ユースケ
ユースケ

ハハハ、それはそうなんだけど、ファクタリング利用者にとって手数料が下がることは大歓迎なんじゃないかな。

マナミ
マナミ

そうね ! 確かにその通りだわ。

ユースケ
ユースケ

でも、ただやみくもに「手数料を下げてくれ」と言っても、そうは簡単に問屋は降ろさないよ。

マナミ
マナミ

そうか。お店で値切るのとは、わけがちがうわよね。

ユースケ
ユースケ

相手もプロだから、それなりの説得材料が必要なのさ。

ファクタリング会社を納得させる説得材料

手数料引き下げの交渉ポイントとしては、売掛債権の信頼性がどのくらいあるのか、そして契約内容の履行が正しく行われるかを、いかにアピールするかでその判断基準も定まってくるものです。

売掛先の会社の信頼性はファクタリング会社にとって一番重要視されるもので、売掛先企業の内情はある程度調べる事は出来ますが、細かい詳細までは深く探ることはできません。

そこで、過去における取引先との入金履歴、取引先との間で交わされた契約書、また建築関連であれば工事計画書などを示すとより効果的です。

過去の入金履歴は、安定した取り引きが行われていたことにつながり、計画書や契約書は取り引きがこれから先も継続されることを示すものです。

これらの資料は、交渉材料としてかなり有効な手立てとなることでしょう。

また、自身の信用度として、過去に融資を受けた返済実績、会社としての経営実績などをアピールすること、他社との比較検討を考えていることなども交渉材料となります。

マナミ
マナミ

なるほど ! こうしたアピールが効果があるのね。

ユースケ
ユースケ

やはり人間だから納得すれば交渉は可能ということなんだ。

マナミ
マナミ

やった !私だったらどんどんネギっちゃうよ。

ユースケ
ユースケ

ただし、最近はインターネット完結型のファクタリングも随分と増えてきているから。

マナミ
マナミ

えっと、どういうことだろう。

ユースケ
ユースケ

AIシステムを使い簡潔に見積もりを出すファクタリング会社だと、コンピュータ相手だから交渉はなかなか難しくなるね。

まとめ

幾度か、同じファクタリング会社を利用している場合、売掛債権の程度にもよりますが、交渉に応じてくれやすい可能性があります。円というのも、取り引き実績という信頼感がある為で、ほかのファクタリング会社に乗り換えて欲しくないといった恐れもあるからです。

ともあれ、話術よりも交渉材料の提示が重要なポイントとなります。

以上、ファクタリング手数料を下げるための交渉術…でした。

新着口コミ全352件(5件を表示)

本当に助かりました! | 4.4 4.4 | 2020年07月08日 | ピーエムジー(PMG)
PMGの営業マンは本当にこちらの今後の資金繰りについて考えて提案してもらえるので助かります。また何かあった際はよろしくお願いします (35歳 建設業)
      
3回目の利用です | 4.8 4.8 | 2020年07月07日 | K2ソリューションズ
2度ほどこちらのファクタリング会社にお世話になりましたが、いつも助かっています。銀行融資と比べてみると、どうしても手数料の面で見劣りしてしまいがちですが、こちらも早く動けるので助かっています。 (35歳 自動車整備業)
      
大企業向けのファクタリング会社ですので、中小では審査が通らないと思います | 1.1 1.1 | 2020年07月05日 | シャープファイナンス
超大手企業のグループ会社ということなので申込しましたが、実際には審査は極めて厳しくてうちのような小さな会社は相手にされませんでした。 (31歳 工務店)
      
評判通りの会社です | 4.3 4.3 | 2020年06月29日 | K2ソリューションズ
実は取引き先が夜逃げ同然で突然倒産してしまい売掛金の回収が困難になってしまいました。資金繰りの悪化が考えられることから、取引銀行にはリスケを依頼し、今後の融資にも影響が出ることは間違い無いとほとほと困... (54歳 食料品卸売販売業)
      
割安感は感じない | 2.7 2.7 | 2020年06月27日 | 日本中小企業金融サポート機構
うちは地方なので、郵送でのファクタリングは、かなり利便性の高い取引です。初めての時は、顔を直接合わせない不安感はありましたが、結局終わってみると普通のファクタリングと変わりませんでした。手数料の安さを... (54歳 電気工事業)
      

\ メリット盛り沢山 /

FW会員登録する(無料)

タイトルとURLをコピーしました

×

今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら

×