ファクタリング会社絞り込み検索

経営者なら絶対覚えておきたいファクタリングのタイプ

経営者なら絶対覚えておきたいファクタリングのタイプ ファクタリングとは
経営者なら絶対覚えておきたいファクタリングのタイプ

この記事でわかるポイント

  • ファクタリングには興味を持っているが、いまいち飲み込めないでいるあなたにおススメ !
  • なぜ今ファクタリングが、注目されているのかがよくわかる。
  • ファクタリングには、こんなにたくさんの種類があるんだ。

インターネットの普及によって、グローバル化の波が全世界に広がると、世の中が一気に加速し多様化してきました。

その中でも、未来永劫変わらないものというものもあり、ビジネスの資質はモノを売って利益を得ることが基本となります。

しかし、ビジネスの現場も加速化しており、いずれの経営者も瞬時の判断が、命取りとなる時代がやってきました。

そんな中で、経済産業省の推奨するファクタリングは、融資やローンなどと異なる新たな資金を得る方法として、熱い注目を集めています。

また、その種類も様々なタイプがみられるようです。

ファクタリングが注目される訳

基本的に、日本国内にかかわらず、世界中のビジネスでは、規模が大きくなればなるほど、現金での取引ではなく、それらを代用する手形や小切手などが使用されてきました。現金での商売は、通貨そのものがかさばるというだけではなく、常に盗難や紛失の危険性があり、多額の現金の移動はセキュリティー面においても、決して安心とは言えないものです。

手形や小切手は、本人が発行するもので、世界に一つしかない有効な現金代替え方法です。しかし、これら手形や小切手には決済日が設けられており、期日が来るまで現金化することはできないといったデメリットがあります。

ビジネスの現場では、資本力がものをいいますので、企業としてもなるべく現金を手元に置いておきたいといった考えから、支払いを先延ばしにしてしまうという風潮が浸透しています。買掛先から見れば、逆に会社の資産が減ることにつながりますので、入金までの期間のデメリットによる損失は測りしれません。

そこで、これらの売掛金を債権として考え、早期現金化による資金調達で、有効に活用していこうというものがファクタリングの考え方なのです。ファクタリング会社は、企業間の仲介を行い、手数料という仲介料を支払うことで、円滑な資金の流れを作り出すことを可能としたのです。

中小企業に不利 ? 融資に際する金利の比較

ビジネスの場で、最も話題になりやすいのが、景気と経営の状況以外にも、投資や融資といった会話が挙げられます。もっとも、大企業の経営者よりも多いのが、中小企業の経営者であり、大企業は多くの中小企業の上に成り立つ存在でもあります。ここで疑問に感じるのが、どうして中小企業は大企業と比べて、融資が厳しいのかといった状況でしょう。

確かに中小企業は、大企業に比べると、思い通りの融資が行えないといったことをよく耳にします。しかし、愚痴ややっかみなどで解決するものでもなく、ここは冷静に借り入れの条件面で、どのような違いがあるのかを把握しておかなければなりません。ここで、中小企業庁の実態調査をもとに、メインバンクの短期借入金利の状況を確認してみましょう。

細かな数値は、中小企業庁のホームサイトで確認してもらうとして、ここでは大まかな傾向や動向を判断してみます。あくまでも、過去のデータとしてですが、従業員規模が小さい企業ほど、短期借入金利が高いといった傾向が見られるのは事実です。ただし、時系列でみる限り、規模の大小にかかわらず、短期金利に対して双方に大きな変化はありません。

したがって、金利に関しては、中小企業であるからといって、常に大企業より高い金利で借り入れを行っているわけではないのです。ただし、融資の特徴を見てみると、従業員規模が小さい企業ほど、保証協会を利用している割合が高く、信用保証制度が中小企業の資金調達の大きな手助けになっていることは間違いありません。

中小企業の一助を担う信用保証制度とは

信用保証制度とは、特定の機関が借り入れに際して、融資を利用しようとする人物に対してその信用を保証するといったものです。ではその特定の機関とは、どういったものなのでしょう。信用保証制度は、信用保証協会が行う独自のシステムで、この信用保証協会は事業者の為の存在であり、金融機関に対して保証を行ってくれる組織となります。

なぜ、こうした信用保証制度があるのかといえば、規模の小さな会社や起業時の会社の場合、会社の実績に乏しく、銀行などの金融機関が融資に対して、積極に行えないといった側面があるからです。

つまり、信用保証協会は、こうした事業者に対して、保証人になり替わり、金融機関に対して当該事業者の信用保証を行うことによって、資金調達のサポートを行う公的機関のことを指しています。一個人では、難しい融資でも、こうした信用保証機関のサポートを受けることによって、その個人の信用を不足をカバーすることで、ハードルの高い銀行融資を可能にしているといってもよいでしょう。

では、なぜこうした機関からの信用保証があれば、困難な融資が可能なのかといった疑問です。実はこの信用保証機関、仮に借り主側が返済を滞らスタ場合でも、代わって弁済してくれる為に、金融機関にとってもリスクが低くなるからです。当然の事ですが、信用保証を受けるには、信用保証機関への申し込みが必要ですが、あくまでも資金供与を行うというわけではありません。

ビジネスで必ず発生する金銭債権

ファクタリングを理解していく上で、欠かせないのが債権といった考え方です。一般的によく知られる債権として、様々な証券や小切手あるいは手形などが知られていますが、債権は必ずしも形があるものではなく、その本質は財産権とされるもので、物的なものを含めるとさまざまな種類があります。

その中で、ファクタリングに関与するのが、金銭債権とされるものであり、会社間における取引きの現場で、金銭の支払を目的とする債権のことを指しています。

どのようなビジネスであれ、会社は利益を得る為、様々なサービスの提供や物品の販売を行っています。この時発生するのが売掛金であり、前述のように金銭債権あるいは売掛債権となります。これらの債権が発生する状況は、サービスの提供の完了あるいは商品の納入が行われた時点で発生するものです。

しかし、現金取引きでない以上、支払いのサイトが必ず発生し、サービスの提供及び商品の納入が行われたにもかかわらず、現金が入手できない状況が一定期間発生します。

ファクタリングの実用性

売掛金によって発生する支払い、あるいは入金のサイトは、企業にとってデメリットしかありません。一般的な例を挙げると、月末締めで翌月末支払いの場合、約30日後に現金の支払いという結果になります。多くの労働者は、給与の支払が、こうした1か月遅れとなりますが、企業間での取引きの場合、さらに2カ月後や3カ月後といった状況が発生する場合もあります。

本来、得られるはずの入金が、数カ月遅れてしまうのは、デメリット以外には考えられないということがお分かりいただけるでしょう。

ファクタリングは、こうした売掛金を債権として考え、前倒しという形で支払いサイトを、短期間に実行できるという効果を持っています。企業としては、本来数カ月先になるはずだった売掛金を回収できる為、回収した資金を有用に利用できることになります。

少額の売掛金であれば、さほどの有用性はありませんが、売掛金の額が大きくなればなるほど、そのメリットは比例して膨大なものになってきます。簡単に考えれば、そうした資金を流用して、新たに商品を作り出していけば、それだけ企業利益とつながり、更なる生産率向上と発展が期待できるということになります。

ファクタリングのタイプとは

ファクタリングのタイプとは、言い換えるならば、目的に沿った手法の違いとも言えるものです。ファクタリングの認識度は、中小企業を中心に高まりつつありますが、基本的には債権の買い取りの事が、ファクタリングとして認知されているのではないでしょうか。

しかし、ファクタリングの定義は意外と幅広く、現状では売掛債権に関するサービス全体をファクタリングとしています。ファクタリングのタイプには、一般的に知られる、2社間及び3社間ファクタリングがあります。

また、診療報酬や薬剤報酬、あるいは介護報酬といった報酬を債権を対象としたメディカルファクタリングなるものがありますが、これも基本的な考え方は、3社間ファクタリングとなります。さらに、様々な業種に特化した、独自のタイプのファクタリングも存在していますが、これも2社間及び3社間ファクタリングいずれかに該当するもので、売掛債権の売却といった形でサービスが行われています。

しかし、これらの売掛債権の売却といった、形をとらないファクタリングも存在しています。代表的なものとして、保証ファクタリングといったものがありますが、基本的な考え方としては、保険と同様のものとお考え下さい。

種類別ファクタリングタイプ

ファクタリングをタイプ別に分けてみると、大きく分けて2社間ファクタリングと、3社間ファクタリング、それ以外のタイプのファクタリングに分けることができます。一般的には、この2社間及び3社間ファクタリングと併せて、医療関連や介護関連の報酬に関する、メディカルファクタリングをよく見かけるのではないでしょうか。

この、メディカルファクタリングですが、報酬の入金先が国保などの国の機関であり、売掛先とみなすことができますので、3社間ファクタリングとほぼ同様であるといえます。では、ファクタリングには、どのような種類があるのか、簡単ではありますが一覧としてまとめてみましょう。

種類別ファクタリングタイプ

2社間ファクタリング

  • 売掛債権ファクタリング 
  • 将来債権ファクタリング
  • 収納代行型ファクタリング

3社間ファクタリング

  • 一括ファクタリング 
  • 売掛債権ファクタリング 
  • 診療報酬債権ファクタリング
  • 調剤報酬債権ファクタリング
  • 介護報酬債権ファクタリング 
  • 給与ファクタリング 
  • 国際ファクタリング

その他のファクタリング

  • 保証ファクタリング 
  • 将来債権ファクタリング 
  • 商品在庫買い取りファクタリング 
  • 売掛金担保融資

資金調達の実現に必要な理想のファクタリングとは

ファクタリングには、様々なタイプのファクタリングが存在しますが、経営者ならぜひ覚えておきたいのタイプとして最低限、2社間と3社間ファクタリングの違いを把握しておきましょう。まず手数料の問題ですが、ファクタリングをある程度学んだ方であれば、2社間ファクタリングの方が、3社間ファクタリングよりも手数料が高いということがお分かりいただけるでしょう。

手数料の違いは、ファクタリング会社にとって、リスクに比例するもので、3社間ファクタリングといえども、リスクが大きいと判断された場合、2社間ファクタリング並みの手数料を請求される事もあります。3社間ファクタリングの場合、特に売掛先企業の信用度が重視され、業績が思わしくないなどの材料が多ければ、それだけリスクが大きいと判断されるわけです。

2社間ファクタリングの場合、手数料は確かに高めに設定されてはいますが、短期間での資金作りには大きく貢献できます。特に、期限付きの資金調達を行わなければならない場合、3社間よりも2社間の方が、結局は会社にとってプラスに働く場合もあるのです。

例えば、期日までに、現金で仕入れを行わなければならない場合、仕事の遅れは信用問題だけではなく、会社の業績にもかかわってくる問題です。つまり、スピードを優先させる、コストを優先させる、融資までのつなぎ的な役割などといった具合に、そのときの状況に応じてファクタリングを利用する事がベストということになります。

まとめ

こうしてみると、かなりの種類のファクタリングがあることがわかります。

これらのファクタリングは、種類別にも細かな違いがあることが多く、完全に同系列として考えることはできません。

その為、契約のタイプの違いによって、大まかな三つのタイプがあるということを、よく理解しておくとよいでしょう。

現在のファクタリングの主流は、2社間及び3社間ファクタリングとなりますが、それぞれにデメリットとメリットが混在しています。

以上、経営者なら絶対覚えておきたいファクタリングのタイプ…でした。

 

タイトルとURLをコピーしました