ファクタリング会社絞り込み検索

ファクタリング利用時の平均利用額はどのくらい?

ファクタリング利用時の平均利用額はどのくらい? ファクタリング基礎知識
ファクタリング利用時の平均利用額はどのくらい?

\ メリット盛り沢山 /

FW会員登録する(無料)

多くの中小企業の中で、経営者に頭の痛い問題点として、いかに資金を上手に回し、会社を大きく伸ばしていくといった点でしょう。しかし、融資には限りがあり、自由に資金をねん出する為には、もはやファクタリングは欠かせないものとなっています。

特に小口買取の場合、契約が行えるかの不安感もぬぐえない為、大まかなファクタリングの平均利用額は知っておきたいものです。

マナミ
マナミ

最近は小口買い取りも可能なファクタリング会社も随分と増えてきたけど、小口の売掛金だと手数料が高そうで二の足を踏みそう。

ユースケ
ユースケ

他のファクタリング利用者がどのレベルの債権を持ち込んでいるのかも、案外気になるところだよね。

マナミ
マナミ

あまりピンとは来ないけど、どのくらいの買い取り額が多いのかがわかれば利用しやすくなるかもね。

ユースケ
ユースケ

そこで、現在利用されている、ファクタリングの買い取り額の平均値が、どれくらいなのかを確認てみよう。まずは、おさらいも含めてファクタリングの魅力を説明していくよ。

マナミ
マナミ

よろしくお願いします ! 先輩。

ファクタリングの魅力

ビジネス界の卓越者でなくとも、規模の大小にかかわらず、経営者であればそれなりの経営責任を負い、会社を正常に運営していく必要があります。

その為には、どのような会社でも、少なからず融資の必要性があり、これまでの日本社会では銀行や金融機関による融資が、資金調達の切り札として使われてきました。

しかし、グローバル化の波が浸透してきた現在、海外の企業に太刀打ちする為には、迅速なビジネスが必要不可欠となっています。

銀行などの融資の利点としては、担保以上の資金が得られるほか、利息が非常に安いといったメリットがあります。

しかし、一方では、審査がなかなか通りにくく、中小企業にはなかなか融資が下りないといった難点があり、融資が下りたとしても、入金に1か月以上もかかるなど、ネックとなる部分もかなり大きなものです。

その点、ファクタリングは短期間での資金入手が可能で、借入金とはならないメリットが大きいと言えるでしょう。

マナミ
マナミ

要するに、柔軟な資金調達の方法がファクタリングというわけね。

ユースケ
ユースケ

資金調達方法には融資やローン以外にもいろいろあるけど、借り入れとならない資金入手方法は、ファクタリングの大きな魅力だね。ファクタリングに関して詳しく理解度を深めたい方には、お勧めのコラムがあるから、次のURLを参照にするといいよ。

ユースケ
ユースケ

次に売掛債権の買い取り額のおおよその比率を見てみよう。

ファクタリングの買い取り額比率

ファクタリングの場合、ファクタリング会社によって小口買い取り/大口買い取り、またはその両方に対応といったファクタリング会社があります。現状を見てみると200万円未満の少額利用者が多いことが分かっています。

さらに、500万円未満で見てみると、その割合は90%を超える為、それほど大きな買い取りが行われていないことがわかります。また、小口買い取り専門ファクタリング会社は手数料が高めで、大口専門ファクタリング会社は手数料が低めといった特徴もあります。

データ的に見てみると、小口と大口の分かれ目は200万円未満が過半数を占める為、300万円以上とみて間違いはなさそうです。

したがって、売掛債権が300万円以上であれば強気に交渉を行い、手数料をさらに下げさせるといった手立ても可能と言えるでしょう。

2社間取り引きの手数料相場は、10%から30%とされていますので、10%にいかに近づけるかが交渉のカギと言えます。逆に、100万円以下の小口買い取りの場合、手数料の値引きはあまり見込めません。

マナミ
マナミ

300万円以下が小口だとかあまり納得できないんだけど !

ユースケ
ユースケ

ハハハ、これは、ファクタリング会社によっても扱いが変わってくるね。小口専門を取り扱うファクタリング会社であれば200万円でも大口と見るだろうし、逆の場合もあるからね。

マナミ
マナミ

それを聞いて少し納得 !

ユースケ
ユースケ

ちなみに手数料の相場は次のコラムを参照しておくといいよ。

ユースケ
ユースケ

次に法人と個人事業主の比率なんだけど、これは時代によっても変わってくるからだいたいの目安として覚えておくといいよ。

法人と個人事業主の利用比率

ファクタリングを利用するうえで、最初に注意しておきたいのが、ファクタリング会社によって法人のみが利用可能な場合と、個人事業主にも対応しているファクタリング会社がある事です。

個人事業主に対応していないファクタリング会社は大口を専門で扱うことが多く、せっかく話を聞いても断られることになりますので、個人事業主であれば対応可能なのかをまずは確認しておきましょう。

ただし、売掛先の会社が法人であれば、個人事業主でも対応可能といったファクタリング会社もあります。法人と個人事業主の利用比率を見てみると、その割合は法人が約65.6%、個人事業主が約34.4 %となっています。

つまり、全体で見てみると、約3割以上が個人事業主であり、買い取り額の比率を見てみると、そのほとんどが小口利用の顧客である事が予想できます。

中小企業を中心に、さらにファクタリングの需要が高まることが予想され、さらにこの比率は上がってくるといった可能性があります。したがって、個人事業主だからと言って気負う必要はありません。

マナミ
マナミ

こうしてみると意外に個人事業主が少ないように見えるわね。

ユースケ
ユースケ

あくまでも過去の統計だから。これから先、民法法改正によってファクタリングの認知度も高まり、サービスが増えていくことによって小口買い取りのファクタリング会社の個人事業主による利用も増えていくと思うよ。

マナミ
マナミ

なるほど。でもこうして平均値を知っておくと、サービスを利用しやすくなるのは間違いなさそうね。

まとめ

ファクタリングにおける平均値を見てみると、その大半が200万円以下であり、100万円以下の買い取りも意外と多いということです。

したがって、小口の買い取りだからと言って不安に感じる必要はなく、積極的に相談を行ってみるべきです。ほとんどのファクタリング会社では無料見積もりを行っていますので、これを利用していきましょう。

以上、ファクタリング利用時の平均利用額はどのくらい?…でした。

新着口コミ全352件(5件を表示)

本当に助かりました! | 4.4 4.4 | 2020年07月08日 | ピーエムジー(PMG)
PMGの営業マンは本当にこちらの今後の資金繰りについて考えて提案してもらえるので助かります。また何かあった際はよろしくお願いします (35歳 建設業)
      
3回目の利用です | 4.8 4.8 | 2020年07月07日 | K2ソリューションズ
2度ほどこちらのファクタリング会社にお世話になりましたが、いつも助かっています。銀行融資と比べてみると、どうしても手数料の面で見劣りしてしまいがちですが、こちらも早く動けるので助かっています。 (35歳 自動車整備業)
      
大企業向けのファクタリング会社ですので、中小では審査が通らないと思います | 1.1 1.1 | 2020年07月05日 | シャープファイナンス
超大手企業のグループ会社ということなので申込しましたが、実際には審査は極めて厳しくてうちのような小さな会社は相手にされませんでした。 (31歳 工務店)
      
評判通りの会社です | 4.3 4.3 | 2020年06月29日 | K2ソリューションズ
実は取引き先が夜逃げ同然で突然倒産してしまい売掛金の回収が困難になってしまいました。資金繰りの悪化が考えられることから、取引銀行にはリスケを依頼し、今後の融資にも影響が出ることは間違い無いとほとほと困... (54歳 食料品卸売販売業)
      
割安感は感じない | 2.7 2.7 | 2020年06月27日 | 日本中小企業金融サポート機構
うちは地方なので、郵送でのファクタリングは、かなり利便性の高い取引です。初めての時は、顔を直接合わせない不安感はありましたが、結局終わってみると普通のファクタリングと変わりませんでした。手数料の安さを... (54歳 電気工事業)
      

\ メリット盛り沢山 /

FW会員登録する(無料)

タイトルとURLをコピーしました

×

今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら

×