ファクタリング会社絞り込み検索

補助金や助成金を併用してのファクタリングについて

補助金や助成金を併用してのファクタリングについて ファクタリング基礎知識
補助金や助成金を併用してのファクタリングについて

\ メリット盛り沢山 /

FW会員登録する(無料)

スポンサーリンク
資金調達ナビ クラウドジャンクション

この記事でわかるポイント

  • 補助金と助成金の制度が何のためにあるのかがわかる
  • 事業資金として利用可能でリスクのない資金入手方法だった
  • 補助金や助成金はファクタリングと併用する事で経営基礎を築くことができる

会社を新たに立ち上げる起業時や、会社を運営していくにあたって、先行投資としての資金注入は必ず必要となるものです。

会社の経営者は、資金を得る手段として、一般的に融資といった方法を採っています。

融資といえば銀行融資のほかにも、日本政策金融公庫が有名ですが、最大の魅力は無担保で低金利での資金調達が可能というところでしょう。しかし、融資といった性質から、月々の返済を行わなくてはなりません。

しかし、それ以外の資金入手の方法として、返済義務のない資金入手方法があることをご存じでしょうか。

そもそも事業資金とはどういったものなのか ?

マナミ
マナミ

返済不要なんて、そんな都合の良い資金調達方法なんかあるの ?

ユースケ
ユースケ

それがあるんだな。今回は、これから起業を考えている人や運転資金に苦労している人の為の資金調達方法を解説してみたいと思う。

マナミ
マナミ

とても興味深い話ね。

ぜひ、そこのところを詳しく教えてください ! 先輩。

ユースケ
ユースケ

それじゃあまず、基本から。

会社を成功へと導いていく為には、業種に沿ったノウハウや人材の確保、店舗や工場を稼働させる為の設備などが必要となってきます。これらを円滑に進めていく為には、商品の仕入代金や人件費、あるいは設備投資など様々な資金が必要で、これが事業資金の本質といったものです。

もちろん、どのような事業を行うかで事業資金の規模は異なってきます。しかし、十分な資金が確保できているか否かは健全な経営を支えていく為にも必要不可欠な最重要課題となります。

事業資金の重要性を知るうえで、黒字倒産という例を挙げる事ができます。支払いが先で、売り上げの回収は後になってしまうという場面は、ビジネスの場では最もよくあることで、資金の回収が間に合わなくなれば、最悪の結果として倒産があることを、経営者ならば肝に銘じておかなければなりません。

だからこそ、優秀な経営者であれば、先々のことを見据えた事業資金の確保が必要となるわけです。しかし、むやみやたらに資金を確保しようと高い金利を払ってしまえば、入出金のサイクルが不健全となり、資金繰りに苦しんでしまうスパイラルにはまってしまいます。

マナミ
マナミ

これは、ビジネスの常識ね。

ユースケ
ユースケ

常識なんだけど、いざ起業してみると希薄になりがちなんだ。だからこそ初心に返る必要もあるという事だよ。

マナミ
マナミ

それは必要なことね。

ユースケ
ユースケ

話を元に戻すけど、資金調達には融資やローン・ファクタリングのほかにも、国や自治体の制度を利用した資金入手の方法があるんだ。

マナミ
マナミ

へえ、ぜひ聞きたいわね。

ユースケ
ユースケ

補助金や助成金制度というのは聞いたことがあるかな ? 今日はこの二つを重点的に説明していくよ。

補助金や助成金制度とは

会社を運営していくにあたって意外にも盲点になりがちなのは、補助金や助成金制度の存在と言えるでしょう。一般の方は、あまりご存じのない方が多いものですが、補助金や助成金は返済義務が一切ないといった特徴を持っています。

これは、国の取り組みとして行われている援助政策の一端で、雇用の促進/地域活性/企業のサービスや生産性の向上/次世代に向けての開発などを、推進する理由で行われている制度です。

当然、その条件は厳しいものがあり、該当の事業に取り組んでいる企業を支援する制度ですが、多くの大企業や中小企業がこの制度を活用して、補助金や助成金を受給しているのも事実です。

補助金や助成金制度は、企業にとって強力なカンフル剤となるものですが、国にとっても地域振興に役立つ為、地場企業の躍進に対して力を注いでいるのです。この補助金や助成金制度は個人向けのものもあり、うまく利用することで出費したお金が返ってくるほか、節税や減税につながるものもあります。

最近では、企業や家庭用のソーラーパネルの導入が挙げられます。家庭では工事費に対して補助金を活用でき、格安でソーラーパネルの設置を行うことができました。

マナミ
マナミ

なるほど。政策のひとつとして行われているのね。

二つともよく似ているけど、名称の違いには何か理由があるの ?

ユースケ
ユースケ

そうだね。そこのところを詳しく解説してみよう。

助成金制度と補助金制度の違いとは

世の中には似ていて非なるものというものがありますが、まさしく助成金と補助金の存在も、同じような関係にあります。双方ともに、国や自治体がその活動に対して、交付する金銭のことではありますが、一般の方でも同意義にとらえている方が多いのではないでしょうか。

実は、助成金と補助金は、国の機関からの交付金であることは同じですが、この制度を管轄する国の機関が、それぞれに異なっているのです。助成金は、厚生労働省の管轄で、補助金は経済産業省の管轄だったのです。さらに、その内容もそれぞれに異なったもので、補助金は国や自治体などが、起業家や中小企業を支援する制度として作られています。

方や助成金は、国が行う施策制度で、雇用関係の助成金を指すのが一般的です。つまり補助金が、企業などに支援を行っているのに対して、助成金は一般個人を対象していることが多く、例えば非正規労働者を正規雇用にする為の活動や、高齢者の安定雇用の活動及び介護離職を防止する為の活動などに利用されているわけです。

助成金は、個人を対象としたものが多い為その数も多く、雇用に関するものから、社員教育に関するものや働き方改革に関するものまで種類が多いのがその特徴です。

マナミ
マナミ

なるほど。二つの違いは管轄が異なるということなのね。

ユースケ
ユースケ

管轄を違うし、施策も異なっているのがその特徴だね。

マナミ
マナミ

ということは厚生労働省と経済産業省で、それぞれに方向性が違うのね?

ユースケ
ユースケ

そういうことになるね。一般家庭で利用できる補助金や助成金制度は厚生労働省が主で、ビジネスに深くかかわっているのが経済産業省という大きなくくりがあるんだ。

ビジネスに関わる様々な補助金/助成金制度

ビジネスに関わる支援制度としては、やはり経済産業省の制度である補助金制度が、最も身近な存在だと思われます。その種類も豊富で、具体的には以下の様な補助金制度があります。

  • 海外ビジネス展開に対する補助
  • 雇用関連にかかる費用の補助
  • ふるさと納税関連事業の支援
  • ITシステム導入の際に必要な費用の補助

また、中小企業庁が実施する補助金制度として、2019年に行われている「小規模事業者持続化補助金」というものがあります。これは、法人や医療関連、組合などを除く小規模事業者に向けたもので、持続的な経営に向けた経営計画に基づき、これを支援するものです。

この助成金制度を利用することで、費用の2/3が助成されることになります。ちなみに、ここでいう小規模事業者とは、商工会及び商工会議所による小規模事業者の支援に関する法律が準用される事業者を指しています。

ほかにも、ビジネスにかかわる支援には、参考として開業にかかわる助成金として、「受給資格者創業支援助成金」というものがあります。さらに、雇用に関する助成金として、特定求職者雇用開発助成金や地域雇用開発助成金などがあり、開業後に申請するものです。

マナミ
マナミ

なるほど。ビジネスを補助する形で資金提供をしてくれるということかしら?

ユースケ
ユースケ

そうだよ。一般向けにも意外と広く給付されているよ。

一般向けの補助金/助成金制度も利用可能

補助金も助成金も、国の施策に合わせて給付されるものですが、それぞれに担当する管轄が異なりますので、おのずとその性質も異なってくるものです。つまり、補助金は、経済産業省が管轄している為、経済的な発展性といった色合いが濃いもので、基本的には起業家や中小企業を支援する制度となっています。

一方で助成金制度は、厚生労働省の管轄となり、労働者を支援する制度といった色合いが濃いものです。特に、雇用関連の活動に関する助成が多いのもその特徴です。例を挙げるならば、高齢者の安定雇用のための活動や、介護離職を防止するための活動などがあります。

また、フリーターや派遣社員など、いわゆる非正規労働者を正規雇用にするための活動などに対しても、助成金制度が行われています。さらに、こうした補助金や助成金制度は、地方の自治体によっても、様々な支援が行われていることをご存じでしょうか。一般向けの補助金/助成金制度は以外にも多く、住宅の増改築の際に役立つ支援がたくさん用意されています。

昨今では、超高齢化社会、あるいは環境保全の意味合いからも、そうした助成金制度も随分と増えてきました。思い当たる方もいらっしゃるとは思いますが、高齢者向けのなど事業や防犯対策の導入を始め、助成金が利用できますので一度確認しておいてはいかがでしょう。

マナミ
マナミ

一般向けとされている補助金や助成金制度は、すごく身近に感じるわ。

ユースケ
ユースケ

そうだね。意外と知られていない給付金もあるから、管轄する自治体で確認しておく必要があるんだ。

マナミ
マナミ

税金だし、どんどん使っちゃおう !

ユースケ
ユースケ

だけど、悪用は厳禁だよ。

補助金/助成金制度を悪用するとペナルティが科せられる

これまでの説明で、補助金と助成金の大まかな概要が、お分かりいただけたかと存じます。こうした補助金や助成金制度は、健全な会社運営を行うにあたって、大きなメリットになることは間違いありません。なぜなら、融資やビジネスローンなどの借り入れ金などとは異なり、返済義務が全く生じないからです。

当然の事ながら、融資などによる月々の返済や利息は、会社にとっての負担はかなりのもので、経営が黒字計上ながら、負債が大きくなり過ぎ、黒字倒産する企業も増えています。こうしてみると、補助金や助成金制度は、その性質上経営には大いに役立つことがお分かりいただけるでしょう。

しかし、注意しておかなければならないのは、補助金/助成金制度を悪用すると、ペナルティが科せられるという点です。国家機関には、会計検査院といった存在があり、国の支出や収入に携わるほか、地方自治体の会計審査を行うなど非常に重要な役割を担っています。基本的には、助成金は会計検査院の検査を受ける必要はありませんが、補助金の場合、会計検査院による厳しい審査が存在しています。

これは、補助金の財源が税金であることから、補助金が不正に利用されていないか調べる必要があるからです。仮に不正した事実が見つかれば、返還はもちろんのこと、事業所名の公表や数年間の利用停止、場合によっては労働局から刑事告訴される可能性もあります。

マナミ
マナミ

大切な税金から拠出されているのだから、皆さん大事に利用しましょう!

ユースケ
ユースケ

ハハハ、わかればよろしい。

では、利用可能な補助金や助成金制度を探すには、どうすればよいのかを教えておこう。

どうすれば利用可能な補助金/助成金を見つけ出せるのか

補助金や助成金の存在は、経営者にとって、理想の経営を求めるのには、最も適した資金調達方法と言えるでしょう。しかし、これらの補助金や助成金は、複雑な手続きを伴うことが多く、地域の自治体によっても、取り扱う補助金や助成金の性質が異なる場合もあります。

特に、資金力を持たない中小企業は、自ら申請を行うといった方法もありますが、助成金の場合は社会保険労務士や行政書士、そして補助金の場合は中小企業診断士に相談する事ができます。中には、コンサルティングを依頼しているといった会社もありますが、こうしたコンサルティング会社を利用するのも一つの手です。

当然ながら、業務の委託といった形となりますので、ある程度の費用はかかってしまいますが、複雑な申請などを考慮に入れても、専門家を起用する事のメリットは計り知れないと言えるでしょう。なぜなら、知識に乏しい人物が行うよりも、スピード感や専門性に長けた専門家の方が、受給が受けられる確率が高いからです。こうした補助金や助成金は、国や各地域の自治体が取り扱っています。

国の管轄する厚生労働省や経済産業省、あるいは中小企業庁や各地域の自治体に、自ら出向き調べる、あるいはホームページで調べるといった方法があります。しかし、探し出すのにも、労力が必要であまり現実的ではありません。そこで、助成金や補助金を探す事のできるガイドブックや、専用のホームページを利用するとよいでしょう。

マナミ
マナミ

なるほど。地域によっては取り扱いがことなるから、所轄の自治体で探すのね。

ユースケ
ユースケ

そうだね。それから、こうした補助金や助成金を活用しながら、さらにファクタリングを利用するということも可能だよ。

補助金や助成金を活用したファクタリング

ファクタリングを利用する経営者のほとんどは、緊急に資金を要する場合が多く、とにかく急いで運転資金をつくらなければならないといったケースが多いようです。これは、計画性がないといった論点ではなく、思いがけないトラブルによって、資金が必要になる窮状に陥ってしまうということも少なくありません。

特に2社間ファクタリングは、どうしても手数料が高くなってしまいますので、利益のほとんどが飛んでしまうといった結果に結びつきやすく、頻繁に利用していくというわけにはいきません。そこで、ぜひ活用して欲しいのが、ここでご紹介した補助金や助成金制度を活用していくという事です。

返済の義務もない補助金や助成金ですが、落とし穴もあることを理解しておく必要があるでしょう。というのも、こうした補助金や助成金には、特定の条件にあてはまななければ、支援を受けることができないということです。さらに、制度によって上限が設けられていますので、その上限く以上の支援を受けることはできません。

また、補助金や助成金は、応募の期間が定められていることも多く、審査にも2か月や3カ月の時間がかかってしまうことです。これらを踏まえて、ファクタリングをはさみながら、計画的に利用していくことが、一つの資金繰りのテクニックとも言えるでしょう。

マナミ
マナミ

計画的に進めていくのは、ビジネスとしては絶対条件だよね。

ユースケ
ユースケ

健全な経営を進めていくには、会社の運営だけではなく、普段からこうした資金繰りに必要な様々な情報を把握しておくこともリーダーとしての必須条件なんだ。

マナミ
マナミ

よくわかりました。大変勉強になりました ! 先輩。

まとめ

創業資金融資なども、無担保での借り入れができる為、資金作りには有効な手立てとなります。

ファクタリングは、売掛金さえあれば、簡単に資金入手が可能な方法ですが、どうしても手数料といった問題点は経営を圧迫してしまいます。

つまり、つなぎ融資のような手法により、ファクタリングを利用すると割り切ることで、計画性のあるファクタリングが可能となるわけです。

FW編集部
FW編集部

以上、補助金や助成金を併用してのファクタリングについて…でした。

新着口コミ全364件(5件を表示)

手数料は平均的 | 3.0 3 | 2020年09月27日 | アクティブサポート
今回は、ファクタリング業者の乗り換えで、いくつかの会社に見積もりを頼みました。その中で、アクティブサポートさんの手数料は平均値だと思います。ホームページ上に明確な手数料が開示されていないのは、どのよう... (46歳 家具製造業)
      
確かに2社間ファクタリングは入金まで早いです。 | 3.9 3.9 | 2020年09月26日 | ビートレーディング
家業の木材加工場を継ぐことになり、この際だからと機材を新たに入れ替えることにしました。ファクタリングのサービス内容は理解していたいので、地元福岡に所在するビートレーディングさんに依頼しました。今回は急... (31歳 木材加工業)
      
口コミ | 4.6 4.6 | 2020年09月25日 | アクティブサポート
仕事の関係で、月またぎとなってしまい、売掛先からの入金が1か月日延べになってしまいました。アクティブサポートさんに対応していただき、すぐに現金化できたので、職人の丘陵に充てることができました。 (63歳 土木工事業)
      
うーん、ちょっとね | 2.7 2.7 | 2020年09月24日 | アクティブサポート
これまで、3回ほどファクタリングを利用してきましたが、手数料以外にも諸経費を請求され、苦い思いを経験してきました。インターネットを閲覧している際にアクティブサポートを見つけましたが、まず最初に感じたこ... (56歳 建設工務店)
      
3日後に入金してもらえました | 4.3 4.3 | 2020年09月23日 | ファクタリングのトライ(株式会社SKO)
臨時で雇った職人への支払い資金合計約100万円が必要でこちらにお世話になりました。今後もよろしくお願いします。 (39歳 建設業)
      

\ メリット盛り沢山 /

FW会員登録する(無料)

タイトルとURLをコピーしました

×

今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら

×